河野太郎のこの、勇気ある発言に注目せよ!

 毎日新聞によると、河野太郎は17日に読売テレビの番組に出演し、中曽根康弘合同葬の費用を税金から支出することについて「政府として不断の見直しが重要」との認識を示した。

 司会者から、政府が国の予算から9600万円を支出することや、文部科学省が国立大学や都道府県の教育委員会などに弔意を表明するよう要望する通知を出したことへの見解を問われた。

 河野は「功績がある方をどうたたえるのか。あるいは多くの方の気持ちにどのように寄り添った儀式をやるのか。政府としてはそういうことを考えながら、見直しをしていくということは、大事なことだ」と話した。

 また国民栄誉賞や勲章、政府主催の追悼式典なども念頭に「いろんな儀式については、いろんな意見がある。時代に合わせて見ていくことは大事だと思う」と述べた。

 一方、中曽根が核軍縮に尽力したとして「もし私が今、外相であったなら、葬儀に合わせてINF(中距離核戦力)、中国を含めた枠組みをどう考えるかシンポジウムをやって日本から新しい発信をするチャンスがあった」とも述べた。 合同葬は河野も参列した。  (敬称略)

**********************


 これは注目に値する発言だ。多額の国費を使っての政治家の葬儀に「これでいいのか?」と疑問を呈した。勇気ある発言である。

 特に最後の下りの「核軍縮に尽力した中曽根」なら、この機会を利用して「日本から新しい発信」をすべきだというのは大賛成だ。

 日本は世界で唯一の被爆国。その日本が米国の核の傘の下にいるとはいえ、米国に迎合するだけでは意味がない。日本だから提案で来ることがあるはずだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント