誰が官房長官になるか?野次馬評ではあの人!

 自民党総裁選は14日に投・開票日を待つまでもなく菅義偉の当選が確実視されている。早い話が二階俊博、麻生太郎、菅義偉、それに国対委員長の森山裕の老人4人組による「密室談合」の出来レースだ。

 選挙権のない国民は、こんな茶番劇を見せられているわけだ。

 それでも野次馬根性が抜けない者たちは「誰が官房長官になるか?」などと興味津々で競輪の予想屋よろしく、互いに予想して楽しんでいる。そうした中の一つが日刊ゲンダイ。「これが菅新政権の閣僚名簿」と称して面白おかしく予想を立てている。

 内閣の要である官房長官に小泉進次郎の声としなながら、そのあとに自民党関係者の話としてこう続けた。

「(小泉)進次郎クンは党内きっての人寄せパンダですが、あの能力では官房長官は務まらない。そうでなくても初入閣でバカっぷりが露呈してしまい、とても任せられない」

 共同通信が先に菅義偉内閣が成立した場合、官房長官には発信力があって人気の高い河野太郎、副官房長官に小泉進次郎の起用もあるのではないかと書いた。根拠は、菅義偉が早期解散を考えたら「選挙の顔」となる者を集めるというのだ。

 しかし、菅が神奈川選出で、選挙区は異なるが河野も小泉も神奈川だ。官邸を神奈川が独占するなど常識的にあり得ない。ただ、早期解散で自民党が勝利すれば、菅義偉の来年9月の自民党総裁選での再選の目が出てくる。そう考えると河野の官房長官起用はないとは言えない。

 ただ、小泉進次郎の「副」はない。あの頭では務まるわけがない。

 小泉進次郎は最初、石破茂を応援すると言った。そのあと河野太郎が出るなら支持すると言った。さらに当選濃厚との報道を見聞きして菅義偉を応援すると、またまた方向転換。状況変化に合わせてクルクル変わる小泉進次郎。

 このカメレオン男は一体何を考えているのか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント