官邸の闇から赤旗が探り出した「官房機密費78億円」

 「官房機密費 78億円の闇」と題して「しんぶん赤旗」が報道した。

 データは「情報公開で入手した」というのだから、朝日や毎日、読売、NHKにやる気があれば記事に出来たはず。政党の機関誌に先を越されて恥ずかしいと思うべきだ。

 実際はこの額の何倍ものカネが予備費などの名目で各省庁に振り分けて隠されているという。それだけのカネを一体、何に使ったのか官邸の闇はなお深い。

******************
日本共産党の機関誌「しんぶん赤旗」が報じた。

安倍政権7年 返納たった37万円
 第2次安倍内閣が発足してからの7年間で使った「内閣官房機密費(報償費)」86億円余のうち領収書不要の“つかみ金”である「政策推進費」に78億円も使われたことが5日、本紙が情報公開で入手した資料で判明しました。


 2012年12月に発足した第2次安倍内閣が昨年12月末までに支出した官房機密費は計86億3100万円余となっています。

 官房機密費は、領収書や支払先を明らかにする必要がありません。中でも「政策推進費」と呼ばれるお金は、菅義偉官房長官自身が管理し、菅氏に渡った時点で支出が“完了”したものと扱われます。

 そのため、「政策推進費」の使い道は菅氏や安倍首相官邸の裁量で決まり、領収書も不要。官房機密費の中で最も“ヤミ金”の性格が強いお金です。

 安倍内閣が19年に使った「政策推進費」は11億650万円。7年間で計78億6730万円を使っていました。官房機密費全体の91%が「政策推進費」だったことになります。

 また、19年3月の年度末までに使い切れず国庫に返納した機密費は4万3268円でした。ほとんどを使い切っていました。国庫に返納した機密費は7年度分をすべてあわせても37万円余でしかありません。

 税金の使い方がますます乱脈を極める安倍政権のさらなる監視が求められます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント