新内閣は「暫定政権」との見方に早期解散で対抗か!

 ポスト安倍の本目候補の菅義偉について自民党内では「暫定政権」との見方が出ている。安倍晋三の残り任期は来年9月30日までだ。自民党幹事長の二階俊博や麻生太郎らは1年限りの「暫定」なら菅義偉が適任との判断が働いたようだ。

 だが、安倍晋三の突然の辞任で降ってわいたまたとないチャンスを菅義偉が1年で手放すはずがない。

 時事通信は、本格政権への脱皮を図るため、菅義偉が早期の衆院解散に踏み切ると可能性があると指摘した。

 新政権発足後は「ご祝儀相場」で支持率が高くなる傾向があり、立憲民主党と国民民主党による合流新党に追い風が吹いていないことも、背景にあると時事通信が解説した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント