遺言無視して最高裁判事にゴリゴリの保守派を任命!

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は26日、今月死去した最高裁のリベラル派判事ギンズバーグ氏の後任に、保守派の女性エイミー・バレット連邦高裁判事(48)を指名すると発表した。

 最高裁判断は銃規制や人工妊娠中絶など米社会を二分する問題を左右するため、保守派指名で11月の大統領選へ支持固めを図る。与党共和党が過半数の上院で承認される見込み。

 最高裁判事は9人で構成され終身制。トランプ氏はこれまで保守派2人を送り込み1期目の実績として誇示してきた。バレット氏が就任すれば保守派6人、リベラル派3人で保守色がさらに強まる。  (以上)

*********************

 ギンズバーグ氏は生前に「後任の判事は大統領選挙の後にしてもらいたい」と要請していたが、トランプはその遺言を無視して強行した。
 
 強行の理由は選挙で敗れた場合、裁判に持ち込む腹だ。その際、重要なのが最高裁判事の内訳。

 ここで保守派を1人追加すれば、例え大統領選でトランプが敗北しても、巻き返しが可能と判断した。

 「郵便投票で不正が行われた」と言いがかりをつけ、異議を唱え裁判となれば、採決の結果、圧倒的多数でトランプの主張が通ると計算してのことだ。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント