EU、英国、豪州、カナダが「香港」で中国非難!

 習近平中国は、国家ぐるみの犯罪を指摘されると「根拠がない」の一点張り。

 100万のウイグル人が職業訓練センターと称する「強制収容所」に閉じ込められて、天井から逆さ吊りにされたり、鼻と口から大量の水を流し込むなどの拷問を受けていることはフランスAFPや英国ロイターなどによって世界に知れ渡っている。

 習近平中国はそれらの報道がねつ造だというのか? 「根拠がない」と主張するなら、世界を納得させるだけの説明をすべきだ。

***********************

 ロイターによると、 欧州連合(EU)や英、オーストラリア、カナダなど西側諸国は25日、国連人権理事会で中国に対し、香港の基本的な法的権利を回復するとともに、100万人以上のウイグル人が拘束されている新疆ウイグル自治区での調査を受け入れるよう要求した。

 英国は、香港国家安全維持法(国安法)が「反対意見の排除という明白な意図を持って実施されている」と指摘。一部の事例について中国本土での訴追が認められており、司法の独立性や法的手続き、拷問の報告などが憂慮されると述べた。

 ドイツはEUを代表して発言し、新疆ウイグル自治区における「政治的再教育収容所の大規模なネットワークの存在、広範囲に及ぶ監視、ウイグル人など少数民族の宗教や信仰の自由に対する体系的な制限」に懸念を表明した。

 これに対し、中国側は、西側の主張は「根拠がない」と否定した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント