国からの結婚祝い金を60万円に倍増!

 菅義偉内閣は20日、少子化対策の一環として、新婚世帯の家賃や敷金・礼金、引っ越し代など新生活にかかる費用について、来年度から60万円を上限に補助する方針を固めた。結婚祝い金だ。

 現行額から倍増し、対象年齢や年収条件を大幅に緩和する。経済的理由で結婚を諦めることがないよう後押しする狙い。

 対象は「結婚新生活支援事業」を実施する市区町村に住み、新たに結婚届を出した夫婦。

 現在は、年齢が夫婦とも34歳以下で、世帯年収が約480万円未満―などの条件に当てはまれば、30万円を上限に補助が出る。

 これを来年度から 年齢の条件を39歳以下へと広げて、対象の世帯年収も約540万円未満まで拡大する。

 結婚祝い金の倍額支給によって若者に結婚を促し、子作りに励んでもらおうとの思いが込められている。

 だが、世間には、人生の裏街道を歩く輩が絶えない。ワル知恵だけは人に負けない連中だ。

 新婚届で60万円いただけるなら、別の相手の名前を借りるなどして、繰り返し荒稼ぎを企む新たな結婚詐欺が増えるのではないか、との懸念もある。そこはどうなっているのか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント