菅義偉内閣を「かん内閣」「かん政権」と言った麻生太郎!

 「かん内閣」や「かん政権」と麻生太郎が発言した。

 固有名詞、とりわけ、「人の名前」を間違うのは一番失礼だ。麻生は、きのうきょう菅義偉を知ったわけではない。一体どういうつもりなのか?

 7年8カ月の安倍内閣で、ともに閣僚として席を並べた。だが、麻生は菅のことがあまり好きではない。

 それでも今回、菅義偉を押したのは岸田文雄よりはマシ、石破茂にだけは首相にしたくない。その思いが消去法で最後に残ったのが菅義偉だった。というわけで菅をみんなで担ぎ上げたに過ぎない。

 自民党は決して一枚岩ではない。では立憲野党のようになぜ,バラバラにならないか、というと「利権」だ。ここから離れたくないだけである。

 それにしても今回の失言は麻生太郎のホンネが出た感じだ。

*************************

 TBSによると、麻生副総理兼財務大臣は17日、自身が率いる派閥の会合で、16日に発足した菅内閣について、「かん内閣」や「かん政権」と2回発言しました。

 麻生氏は菅総理と共に、閣内で安倍政権を7年8か月にわたり支えてきていて、派閥の事務局は「言い間違い」だと訂正しています。

 その麻生氏ですが、会合では派閥のメンバーを前に、「全員、菅内閣の誕生に貢献した菅内閣で引き続き役割を果たしていかなければならない」と呼びかけました。

 麻生氏をめぐっては、総理大臣在任時、国会答弁などで「未曾有」を「みぞうゆう」「踏襲」を「ふしゅう」などと漢字を読み間違えました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント