猛毒で殺されそうになった民主派が推す候補善戦!

 民主派弾圧が続くロシアで、プーチンの手の者が民主派の指導者ナワリヌイ氏を猛毒で毒殺しようとした。国際的な非難を受け、ロシア政府は、重体に陥ったナワリヌイ氏のドイツでの緊急治療を許可した。

 秘密警察KGB上がりのプーチンにとって暗殺はお手の物だ。自分に反対する者は簡単に「行方不明」にしてしまう。殺してしまうのである。独裁国家はオソロシイ。

 今回のロシア統一地方選で、ナワリヌイ氏が推す候補が勝利を重ねているという。ナワリヌイ氏にとって一番の良薬だ。耳に届くといい。

************************

 【モスクワ共同】11~13日に行われたロシア統一地方選で、14日までの集計作業の結果、猛毒の神経剤で襲撃されたとされる反体制派ナワリヌイ氏が支援した野党系候補が善戦、政権与党「統一ロシア」は三つの市議会で過半数に届かず敗北した。野党側は少なくとも七つの市議選で議席を獲得した。

 ナワリヌイ氏のチームは、統一ロシアの候補の当選を阻止するため、勝ち目のある野党候補に集中して投票する運動を各地で展開しており、奏功した形だ。

 ロシア紙RBK(電子版)によると、反体制派や野党の候補は同氏が現地入りして支援した市などで議席を伸ばし、統一ロシアの過半数確保を阻止した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント