森友事件も加計疑惑も菅義偉は「真相」を全部知っていた!

 官房長官というのは日本にかかわる神羅万象の情報が届く。政治、経済から外交、軍事、文化・芸能、スポーツ。これらに関するスキャンダル、ウワサの類まで何でも官邸には入って来る。

 だから森友事件や加計疑惑、サクラ疑惑に関しても、どんな不正が、誰の命を受けて、実行されていたか菅義偉は全部耳に入っている。

 森友事件で2017年の国会で安倍にソンタクして偽証を繰り返し、野党から追及された担当局長の佐川宣寿を国税庁長官に栄転させたのは菅義偉だった。

 そして菅義偉は自分の周りを警察上がりの官僚たちで固めている。菅政権となれば官邸は、安倍時代の経産官僚から警察官僚へと主導権が移る。

きっこがこんなツイートをした。
 伊藤詩織さんへの準強姦容疑で山口敬之に出ていた逮捕状を、逮捕直前に握りつぶした中村格刑事部長(当事)は、第2次安倍政権が発足した2012年12月から3年間、菅義偉の秘書官をつとめていた人物。菅義偉が首相になったら、みんなでこの「菅義偉の子分による逮捕状握りつぶし事件」を再燃させよう!  (以上)

 強姦魔の山口敬之は、安倍晋三の親衛隊として知られている。菅義偉とも顔見知り。そんなこともあって菅義偉の秘書官を務めていた中村格が事件を握りつぶしたのだろう。当時、中村格は週刊誌記者の取材から逃げ回っていた。やましいことをしていなければ逃げることはない。

 菅政権がスタートしたら官邸の闇が続くだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント