外交の「ガ」の字も分からない菅義偉に首相が務まるのか?

 どこのメディアも書かないので私が書こう。

 政界に少しでも関係した者なら一度は耳にしたことがあるはずだ。自民党総裁候補となる必須条件は「党三役のどれか一つ以上と、重要閣僚の2つか3つを少なくとも経験」した者だ。ここで言う重要閣僚とは、大蔵(現、財務)、外務、通産(現、経産)の各大臣のことである。

 しかし次期総裁、つまり内閣総理大臣が確実と言われている菅義偉はどうか?

 以前、一度、短期間に総務大臣になっただけで、あとは現在の官房長官のみ。資格条件には程遠い。

 それよりなにより、つい、この間まで菅義偉を総裁候補と誰も考えていなかった。誰よりも菅自身が一番よく知っている。

 私は三角大福中の時代から永田町を見てきたが、三木武夫や田中角栄ら総理・総裁を志す代議士は、将来、自分が首相となった際には「こんな政治をやりたい」という青写真を描いてきた。そして、早くから自分の同志を募ってきた。派閥と呼ばれる政策集団だ。

 だが、菅義偉はどうか? 自分の派閥もなければ、時間をかけて政策を勉強してきたとも聞いていない。私から言わせると、大半の議員と同様「単なる陣笠議員」でしかなかった。

 安倍晋三という五流内閣の官房長官となり注目されるようなったものの強権ばかりが目についた。定例会見一つとっても女性記者の質問に腹を立て、制限を加える始末。自信のなさの表れである。

 首相や官房長官は、「メディアから攻撃されるのも仕事のうち」(大平正芳元首相)だ。厳しい質問を受けて怒るようでは官邸の仕事は務まらない。

 結論を言えば、菅義偉は総裁候補ではない。無理やり候補にしたのは「石破茂つぶし」のためだ。

 現在の主流派は石破だけは阻止したかった。石破が首相になれば、安倍や麻生太郎のコントロールが効かない。森友事件の真相究明にも強い関心を示しており、何をやるか分からないからである。

 当初、安倍の後釜には岸田文雄を据えるつもりだったが、国民の人気は一向に上がらず、毎回、石破に大きくリードを許した。その上、発信力が弱い。「これで選挙が戦えない」と、消去法で残ったのが菅義偉。

 ちょうど小渕恵三が急死し、後継を決める際、長老4人組の密室談合で森喜朗に決まった時に似ている。頭の中がまるっきり空っぽのピーマン男・森なら「御し易い」と即決で決まった。

 菅義偉は森のようなバカではないが、「棚ぼた」候補であることは違いない。総務相と官房長官しかやったことがない菅に果たして首相が務まるのだろうか?

 外交経験などゼロだ。トランプまたはバイデンやメルケル、マクロン、さらには中国、ロシアの独裁者と互角に渡り合えるのだろうか?

 韓国とはどう付き合うのか? 安倍同様に文在寅と対立を続けるのか?それとも同じ自由と民主主義を基本とする隣国同士としてスクラムを組むのか?

 安倍から菅に代わると官邸は財務官僚から警察官僚に取って代わる。官房長官の菅は、側近を警察出身で固めている。

 安倍が残したごみ負の遺産はあまりに大きい。巨額の財政赤字をコロナ禍でどうするのか?収束のめどさえつかない新型ウイルスとの戦いは秋、冬を迎えて一段と厳しくなる。感染者が再び拡大する心配はないのか? 医療崩壊の恐れはなくなったのか?そうではないはずだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント