「野党に政権を渡せ」の声が全く聞こえない!

安倍内閣のコロナ対策は目を覆うばかりのデタラメの連続だ。世間の批判も日増しに強まっている。

野党にとってまたとないチャンスである。

ところが、「野党第1党に政権を渡せ」という声が全く聞こえない。 当然だ。

年から年中、「くっついた。離れた」と党利党略にうつつを抜かし、今また立憲民主党は国民民主党と合流した場合の新党名を巡ってイザコザを続けている。

あきれ果ててものが言えないというのが率直な感想だ。

合流しようがしまいが、そんなことには全く関心がない。

今、そんなことをやっている場合かと問いたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント