新聞には絶対載らない選挙取材の裏の裏!

 「街宣の舞台裏から見える野党再編成への蠢き」と題してフリー・ジャーナリスト田中龍作が生々しい取材現場の模様をこう伝えた。

 枝野が相当焦っているようだが、立憲民主党の内部崩壊はもう止められない。

 無能ないまの枝野に求心力はない。正論を吐き、人間的魅力に満ちた山本太郎には絶対叶わない。

 早くそれを悟が懸命だ。

**********************
田中龍作が伝えたその時の現場。 (原文のまま)

  政界の異端児をめぐる水面下の動きが、記者たちを走らせている。馬淵澄夫議員が「山本を応援する国会議員が40~50人いる」と明かしたからだ。

 2日夕、新宿西口。山本太郎の街頭演説会場にA議員(立憲)の姿があった。“たまたま” 通りがかったという。

 A議員は消費税減税派だ。田中に「政界再編成があったら、山本君と一緒に仕事をするかもしれないからね」と屈託なく話した。

 ものの数分もしないうちに、某大手メディアの記者が嗅ぎつけ「あれっA先生、きょうはマイクを握るんですか?」と緊張した声で聞いてきた。マイクを握るとは応援演説をすることだ。

 A議員は「そんなことしたら、僕は離党届を出さなきゃいけなくなるよ」と言って否定した。

 別の大手記者がすぐにA議員を発見して同じ質問を浴びせた。いたたまれなくなったのか。A議員は間もなく現場を立ち去った。

 立憲執行部は上述した40~50人の洗い出しに懸命だ。昨年の参院選で立憲は比例票を約300万票も減らした(2017年の衆院選比例票と比べて)。このままでは秋にも予想される衆院選を戦えない、との不満と反発が若手を中心に充満する。執行部は気が気でない。

 通りがかりの通勤客らが次々と足を止めて山本の演説に耳を傾けた。動員ではない。街宣会場はすぐに一杯になった。

 1日、亀有(葛飾区)であった山本の街頭演説会場。永田町の裏の裏まで知り尽くす老練ジャーナリストの堀田喬によれば、立憲幹部某議員の秘書2人が偵察に来ていた。

 堀田が「お前ら何しに来てんだ? こんなヒマがあったら宇都宮さんの選対に行って電話掛けかビラ配りでもしろよ」と一喝したところ、2人はスゴスゴと逃げて行った、という。

 立憲幹部がことほどさように山本太郎の動きに神経質になるのは、9月に代表選挙が予定されているからだ。

 山本を応援する立憲の若手議員らが枝野執行部に叛旗を翻すものと見られている。今は身を潜めている30~40人が、一気に表に出るのである。
 
 都知事選挙の結果しだいでは野党再編成が一気に進むことになる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント