緊張感ゼロのバカボン首相と金子勝!

 新規感染者が100人を超え107人となり、全国で199人を数え再び感染拡大が懸念される中、安倍晋三の取った行動に怒りが溢れていた。

金子勝
 【ああバカボンの一日 緊張感ゼロ】 アベはどこに行った? この緊急事態にバカボン極まれり。
官邸から公邸に戻って提灯ヘイトの月刊「HANADA」取材に1時間、新型コロナウィルス対策会議は17分だけ。あーまたしも提灯マスコミとネトウヨだけが群がる緊張感ゼロのバカボン。

松尾 貴史
 自分をえこひいきしてくれる記者、編集者、司会者のメディアや番組にはどんどん出ますね。しかし、この雑誌?に出ることで印象がよくなることはあるのかは疑問ですが。国政選挙の時に、不可思議なほどの莫大な広告費をかけて山の手線などにおびただしい中吊り広告を張り巡らせた雑誌だったかもしれません。

ネットの声
 安倍首相はきのう(2日)午後4時1分から5時3分まで、公邸で雑誌「Hanada」のインタビュー。各紙「首相動静」欄。いくらひいきの雑誌とはいえ、そんなヒマがあるなら、国会に出てきて「1億5000万円」について説明するのが筋でしょうに。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント