「投票は義務にすべきだ」と石破茂! 大賛成!

 時事通信によると、自民党の石破茂元幹事長は27日、大阪市内で講演し、国政選挙での投票率低下を念頭に、「民主主義が機能する条件は、可能な限り多数が参加することだ。投票は義務にすべきだ」と語った。

 石破氏は「一部のイデオロギー、特定の利害を共有する人たちは投票に行く。民主主義の名を借りてそういう人たちが好きなようにやる」と指摘。

 「(票を)入れたい政党、候補者がいないなら白票を入れてほしい。民主主義はそれほど厳しいものだ」と述べた。 (以上)

*****************

 衆参の大型選挙では毎度、5000万人近くが投票所に行かず、サボっている。

 投票は国民の権利だ。せっかくの権利を行使しない手はない。

 有権者の半数が棄権するので創価学会などの組織票の応援を受けた自民党や公明党が勝利する。それも「常勝」だ。

 石破茂の提案に私は賛成だ。

 投票に行かない者に限って、利いた風な口を利く。

 「自分一人ぐらい(選挙に)行かなくても大勢に影響ない」「選挙なんて関係ない」「誰に入れても変わらない」と、どこかで聞いた言葉を口にする。

 「大勢に影響ない」と勝手な屁理屈を付けて投票をさぼったために、有権者総数のわずか17%弱の得票で自民党が多数の議席を占めた。

 「選挙なんて関係ない」ことはない。選挙で自民党が圧勝し、安倍内閣が誕生した。その安倍内閣がコロナでムチャクチャなことをやっている。これ、すべて「選挙」結果のせいだ。

 「誰に入れても変わらない」と何も考えず「自民党候補に投票し続けた」結果、格差だらけの歪な社会が出来た。

 一部の者だけが「いい目」を見て、残りは、豊かな生活とは無縁の者ばかり。「誰に入れても変わらない」と惰性で投票するとこうなる。

 誰のせいでもない。みんな、自分自身がまいた種だ。民主主義は多数決。国会は多数決で物事が決まる。

 多くの皆さんが自民党候補に投票したので自民党が勝った。自民党の今の親玉は安倍晋三だ。選挙で支持されたと言って、やりたい放題。

 医師や看護師たちが命懸けでコロナと取り組んでいる最中に、連夜、銀座、赤坂の高級料理屋でグルメな日々を送る安倍晋三。

 安倍にとってコロナの苦しみなどどこにもない。毎日、取り巻きに囲まれて「殿様生活」を8年近くも送れば、楽し過ぎて辞められない。

 国民の税金から絞り出した予備費がまだ10兆円もある。

 すべて選挙のなせる業である。選挙をさぼったツケである。

 悪政はびこる世の中を、変えるためには投票を義務化するとの石破茂の提案に賛成だ。そうでもしない限り、愚かな有権者は動かない。

 日本はまだまだ民度が低い。民主主義への関心が薄過ぎる。だから香港にも無関心だ。ウイグルにも知らん顔である。恥ずかしい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント