苦し紛れに都知事選は「基本的には地方選」と枝野言い訳!

 都知事選について立憲民主党の枝野の物言いが違ってきた。

 Jcastは7月1日、次のように報じた。

 枝野は「様々な状況から、党をあげて宇都宮健児さんの当選に向けて全力をあげているところだが、どなたを応援するか、基本的には地方選挙なので、東京都連にお聞きください」と挙なので、東京都連にお聞きください」と応じ、距離を置く姿勢をにじませた。 (以上)

**********************

 消費税減税は受け入れられないとして「れいわ新選組」の山本太郎との話し合いが物別れに終わった立憲民主党は急きょ、宇都宮健児支援を表明。ところが立憲民主党の最大に支援団体、連合は小池百合子を推薦。

 こうした足並みの乱れがあってか最新の世論調査によると、立憲民主党の支持者の6割が小池百合子の支持。宇都宮健児はたったの2割に過ぎない状態だ。

 志位和夫ら共産党は頑張っているが、相方の立憲民主党がこの体たらく。

 指導力不足の枝野は都知事選は「基本的には地方選挙なので、東京都連にお聞きください」とつぶやく始末。

 この人は、何事も中途半端だ。完全に元の民主党に戻った。体質と言うものはそう簡単には変わらないのか? いや、指導者次第だ。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント