自分や近親者の「生死」をコロナで考えざるをえない!

 新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的流行)は、収束の兆しが見えないどころか、気が緩みがちだったわたしたちの日常に再び暗い影を落とし始めている。

 7月に入って東京都で1日100人以上の新規感染者数が続くなど、全国で再び感染拡大を始めており、これが高齢者や特定の疾患を持っている者などハイリスク層へ拡大した場合、医療提供体制が逼迫することが懸念されている。

 専門家の間では、第2波、第3波のほうが第1波に比べて病原性が高くなる可能性が指摘されており、今後の状況次第ではハイリスク層の範囲が予想外に広がる恐れすらあるだろう。

 医療提供体制の逼迫は、すでに緊急事態宣言下で経験したとおり、救急医療をはじめ通常の外来診療や手術などにも支障を来す。要するに、「自分はハイリスク層ではないので大丈夫」では済まないのである。

 「コロナで考えざるをえない自分や近親者の生死」とめいうって東洋経済がそう報じた。

詳しくはここをクリック
https://toyokeizai.net/articles/-/361235

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント