世界中に喧嘩状をたたきつけた五輪開催国の副総理!

 知能指数が小学生並みの麻生太郎財務相は、新型コロナウイルスによる日本での死者数が欧米より少ないことについて「民度が違う」との自説を展開した。

 酔っ払いのざれ言ではない。彼は日本国の副総理だ。公の前で、言っていいこと、悪いこと、の区別がつかないとは愚かしい。

 「民度が違う」発言は一瞬にして世界を駆け巡った。インターネット社会の怖さを知らない麻生太郎。世界中に喧嘩状をたたきつけた。

*********************

小沢一郎 
 これぞまさしくナチスの発想。憲法改正はナチスの手口に学べとか、ヒトラーの動機それ自体は正しかったとか言うだけのことはある。

 そもそもこんなレベルの人物が副総理で、他国の民度云々などと偉そうなことを言えるのだろうか。

 五輪開催国なのに、世界中に報道されてしまって、国益を損なわないのか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント