小池を「猛烈に追い上げる山本太郎」に連合が危機感!

 田中龍作が鋭い記事を流した。

 小池百合子を支持する連合が、宇都宮健児を押す立憲民主党と、自主投票の国民民主党を呼びつけたと言う。

 それぞれが違う方向の三者三様。まるでドタバタ劇を見ているようだ。

 都知事選で山本太郎が激しく追い上げていることに危機感を持っていると言うのだ。

 選挙後に山本太郎に主導権を握られるのではないかと心配しているそうだ。

 ひょっとして、2党の枝野と玉木に「小池百合子への票の集中」を支持したのか?

***********************
田中龍作が伝えた記事がこれ。

 労働組合の連合と立憲、国民の最高幹部が26日朝、都内で会合を持った。正確に言うと連合が立憲と国民を呼びつけた。

 出席者は連合が神津里季生会長、相原康伸事務局長。立憲が枝野幸男代表、福山哲郎幹事長。国民が玉木雄一郎代表、平野博文幹事長。

 けさの会合の議題となったのは主に「ポストコロナ」と秋にも予想される「解散総選挙」の2件。

 出席者によると都知事選挙は議題にならなかったという。だが、都知事選挙をめぐって連合幹部の胸中は穏やかではないようだ。

 山本太郎が、立憲の推す宇都宮健児を上回る票を獲得するのではないか、との見立てがあるからだ。

 総選挙に向けて候補者の一本化を急がないと惨憺たるありさまとなる。そんな危機感が連合をして立憲と国民民主の尻を叩かせたのである。

 立憲の広報担当者によると6人で会うのは珍しい。かりに会ったとしてもクローズドだということだ。

 分かりにくい人たちによる、分かりにくい会合が、都知事選の苦戦により、可視化されたということだろうか。(文中敬称略)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント