左翼運動利権のため先鋭化したと黒川敦彦!

 一つ断っておくが、山本太郎は左翼でも右翼でもない。そんな旧態依然のイデオロギーに固まった人間ではない。

 山本太郎は、右や左ではなく、上か下かで物事を判断し、今、社会的弱者の救済に全力を注いでいる。そこを間違ってもらっては困る。

 ただ、黒川敦彦が指摘した慰安婦問題での指摘はその通りだ。

 宇都宮健児が「日本の国会の前に慰安婦像を立てるべき」と言ったことなどは知らなかった。驚きだ。

*********************
黒川敦彦が以下の投稿をした。 (原文のまま)

宇都宮健児氏や山本太郎氏の応援をしている人たちに、お伝えします。

みなさん、あまりに歴史を勉強しなさすぎています。宇都宮氏や太郎氏が右派の票を取ることは不可能です。

多少でも取れると思っていることは、あまりに勘違いです。今、韓国で大炎上している慰安婦問題がとてもわかりやすい例です。

慰安部問題を騒動にしてきた旧挺対協の代表ユンミヒャンは、寄付を集め慰安婦の人たちに寄付を配らず私腹を肥した、韓国で今大問題になっています。

ユンミヒャンは先日の韓国の選挙で国会議員になりました。なったとったん問題を追及され、韓国の世論調査で70%の国民がユンミヒャンは辞任すべき、という事態になっています。

そんな事態になっていることも宇都宮氏や山本氏の支持者は知らないのではないでしょうか?

宇都宮氏は、「日本の国会の前に慰安婦像を立てるべき」と発言していました。

戦時下において不幸な人がいた、それは男性、女性問わずです。その責任は日本にもあります。

ただし、慰安婦問題は、実際の被害者であった慰安婦の人たちはそっちのけで、左翼の運動の利権のためにどんどん先鋭化して行きました。

その結果、日韓の関係を悪化させるに至っています。

利権のための運動、慰安婦運動に加担した日本の左翼の責任は重いのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント