実はWHOも中国政府に「不満」を持っていたとAP通信!

 トランプがWHOからの脱退宣言をしたあと、WHO事務局長のテドロスは「米国はこれまで多大な貢献をしてきた」などとお世辞を使ってトランプに翻意を促している。そうした中でAP通信が注目すべき報道をした。共同通信が転電した。 

*********************

 AP通信は2日、新型コロナウイルス感染症が中国で発覚した初期の1月、世界保健機関(WHO)が中国からの情報提供の遅れや不足に不満を抱いていたと報じた。

 記者会見などでは表向き中国の対応を讃えていたが、中国をなだめることで「情報を引き出す」狙いがあったとしている。

 WHOが中国寄りだとしてトランプは5月29日、WHOからの脱退を宣言。

 APは「中国とWHOが早く行動していれば多くの命を救えたのは明らかだが、WHOが中国に高圧的になれば情報遮断という悪い事態を招きかねなかった」とする有識者のコメントを伝えた。

 WHOは、検査方法の開発などに役立つウイルスのゲノム(全遺伝情報)を中国当局が1月12日に公開したことを早い対応だと称賛。

 だがAPによると、5日までに中国政府系の三つの研究機関がゲノムを解読済みで、より早い公開が可能だった。

 中国政府内で情報統制があったとしている。

 1月2週目のWHOの内部会議では、人から人に感染するリスクや世界にウイルスが広がる恐れを評価するための情報が中国から提供されていないと不満の声が上がった。  (以上 共同通信)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント