ボーナス320万+臨時給付金200万の自民議員!

 コロナのせいで給料をカットされたり、雇い止めに遭うなど散々な目を遭っている庶民を尻目に、わが世の春を謳歌しているのが自民党議員である。

 まもなく320万円近い夏のボーナスが出るほかに、今夏はなぜか200万円の「臨時給付金」が振り込まれたという。

 私の手元には10万円がまだ届いていないので、ほとんど毎日、自宅でラーメンを作ってしのいでいる。

 こんな姿の私が、議員に多額の給料やボーナスをやるために、せっせと税金を収めている。なんか腹が立ってきた。

*********************
日刊ゲンダイが書いた。

 「5月26日に、政党支部に200万円が振り込まれた。なぜ、急にこんな時期に配られたのか分かりません」(自民党中堅議員)

 国会議員は全員、今月30日に1人当たりボーナス318万9710円が満額支給される。

 それだけでも批判の声が殺到しているのに、さらに自民党議員には5月26日に200万円の大盤振る舞い。

 コロナ禍で青息吐息の国民からすれば、やってられない気持ちになる。

「国民に一律10万円の特別定額給付金や、中小企業に最大200万円の持続化給付金はなかなか届かず、困窮している人も多い中で、党所属議員に気前よく“ボーナス”を支給する感覚には呆れてしまいます。

 国会議員には、歳費とは別に毎月100万円の文書交通費も支給されている。

 そのうえ200万円も支給され、喜んで受け取る議員も議員です。

 返納するとか、『議員より先に国民に配れ』と党本部に文句を言う動きはないのでしょうか。

 痛みを共有する気もなく、国会はさっさと閉じるくせにボーナスはきっちり支給というのでは、国民をバカにしていると受け取られても仕方ありません」(政治ジャーナリスト・山田厚俊氏)

 自民党は毎年4月、7月、10月、12月の政党交付金支給に合わせ、議員の政治活動費として政党支部に定期支給を行っている。

 加えて例年6月に夏の「氷代」、12月に冬の「餅代」を支給している。  (以上 日刊ゲンダイ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント