みんなに読んでほしい「日本の本質」を射抜いた記事!

 ニューズウイークにみなさんにぜひ、読んでほしい記事が載っていた。

 日本の本質を射抜いた記事である。

 この記事に異論がある者はいないはずだ。

 長いがこれ以上ははしょれない。

 要約したものを転載する。
*******************

 日本の国民や社会は感染予防に積極的に協力するものだと思っていたが・・・。
日本で新型コロナウイルスの影響が出始めて随分たつ。発生源の中国に近いため、欧米よりもずっと早い1月末から懸念が報道されてきた。

 だが私はこれまで日本人のコロナ対応を見て、その「危機感のなさ」と「社会貢献意識の低さ」に少しあ然としている。

 始まりは、企業のテレワーク推進と学校休校だった。感染を広げないために企業は社員に家で仕事をさせよう、休校のため家にいる子どもの世話をする保護者を支えよう、子どもをなるべく家に居させよう──。

 社会のための行動がひいては個人の幸福につながると思えれば、企業や社会は積極的に協力するはずだ。

 だが残念ながらそうはならなかった。企業はテレワークを渋り、働く親は子どもを学童保育や保育園に預ける。テレワーク中の親も子どもが家にいるのは負担だと愚痴る。

 それが企業の本音であり、子を持つ親の本心であることは十分理解できる。

 だが今それを声高に言う時なのだろうか?

 感染爆発となれば社会活動は停止し、企業も個人も損害を被る。だったら本音と自分たちの都合はぐっとのみ込んで、テレワークを推進し休みを容認し、家で子の面倒を見るべきだろう。

 そして3月末から感染拡大が本格化しても、通勤電車は混んだまま。テレビも旅歩きとバラエティー番組、お気楽な雰囲気であふれている。

 寄付や貢献をしようとしない企業や個人。

 加えて、マスクや防護服や人工呼吸器が足りなくなると叫ばれても、寄付しよう、医療機器を新たに生産して提供しよう、という企業や個人がとても少ないのはどうしてだろう?

 自宅や洋服・持ち物の値段をテレビやSNSで自慢する有名人がたくさんいるというのに、これが世界第3位の経済大国なのだろうか?

 私の生まれ育ったイランと対照的だ。イランも近年次々と自然災害に襲われ、コロナでは大変な目に遭っている。だがテレビでは応援の番組が放送され、多くの有名人が競って高額を寄付している。

 これほどの厄災でなくても、貧困層などへの支援や、困ったときに親戚同士で食べ物・物資を融通し合うことは日常茶飯事である。

 私はこのコロナ禍を通じて、日本人は総じて自分が社会の一員であるという自覚に疎いと感じてしまった。

 考えてみれば国政選挙も地方選挙も投票率が低い。

 特にそれは都市部で顕著だ。そして今、コロナの影響を最も受けているのが都市部である。

 感染が本格的に広がる前の1月から可能な限りマスクを着け手洗いし、感染防止に努めてきた日本人の意識は素晴らしい。

 それは同時に、テレワークや休みを容認しない企業への諦めと自己防衛なのかもしれない。

 日本人にはマスク着用以外にも、社会の構成員としての自覚と協力を惜しまない姿勢を見せてほしい。

 つまり、家にとどまり家族や隣人を大事にする、不自由もしばらく我慢する、税金で困窮者を分け隔てなく支援することを支持し、余裕がある人は寄付をする。医療従事者やインフラを支える人をサポートする・・・。

 政府や地方行政のパンデミック対策に思うところのある人は、次の選挙で投票に行き意思を示すべきだ。

 民主主義の経済大国の社会のあるべき姿とはそういうものだと思うのだが、どうだろう。

*********************
今回、ニューズウィークに寄稿したには石野シャハラン(SHAHRAN ISHINO)

 1980年イラン生まれ。2002年に留学のため来日。日本人女性と結婚し、2015年日本国籍取得。

 異文化コミュニケーションアドバイザー。シャハランコンサルティング代表。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント