習近平に「遠慮深い」安倍晋三! 鋭く中国批判の志位和夫!

 習近平中国に対して、どういうわけか「遠慮深い」安倍晋三に対して志位和夫は今回もハッキリとものを言った。

 香港への「国家安全法」導入に強く抗議すると銘打って次のように言った。

**********************

 中国の全国人民代表大会は28日、「国家安全法」を採択した。これは、中国政府への「反逆、分離、扇動、転覆」を禁止する「国家安全法」を、香港政府を介さず、香港に直接導入して人権抑圧を強化する試みで、国際公約である「一国二制度」を有名無実化するものである。コロナ禍のもと、市民が抗議しづらい状況下でこの決定が行われたことも重大である。

 日本共産党は、中国政府によるこの決定に強く抗議する。香港への人権抑圧強化の動きをただちに中止することを強く求める。

 香港当局は、コロナ禍の制約下で「国家安全法」導入に抗議している大勢の香港市民を「暴徒」「テロ勢力」と非難している。中国政府は法の適用対象は「ごく少数」と強弁しているが、市民の抗議行動が法執行の対象となることは明らかである。

 中国政府は、香港問題は「中国の内政でありいかなる干渉も許さない」と主張。しかし、各国は条約あるいは慣習国際法によって広範な人権尊重の義務を負っており、現代の国際社会では人権侵害はもはや単なる国内問題ではなく、重大な国際問題である。

 中国政府自身、「一国二制度」の下での香港の「高度な自治」を認め、言論、集会、結社などの権利・自由を保障すると国際的に約束してきた。また、世界人権宣言、国際人権規約、ウィーン宣言などに署名、支持してきた。

 日本共産党は、中国政府が「一国二制度」という香港に関する国際公約を守り、国際的な人権保障の取り決めを真剣に履行するよう強く求める。 (以上 志位和夫)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント