子供とハイキングを楽しんでいる最中に突然電話が鳴った!

 習近平は香港の民主化をさらに弾圧する国家安全法を28日の全人代で採決する腹だ。

 この法案は戦前の日本の治安維持法を一段と強化した法案で、香港政府を経ないで中国本土から直接、集会、言論の自由や民主主義の制圧が可能となる悪法だ。

 欧米各国は香港の自由への脅迫だと強く批判。だが、習近平中国は意に介することなく「粛々」と実行に移す構えだ。

***********************
ブルームバーグが報じた。

 香港立法会(議会)の郭栄鏗(デニス・クオック)議員が2人の子どもと観光名所のビクトリアピークでハイキングを楽しんでいた時だった。携帯電話で突然、中国国務院の香港マカオ事務弁公室が出した前代未聞の声明について尋ねられた。

 4月中旬に発表されたこの声明は、野党議員として議事進行阻止を試みた郭氏が就任宣誓に違反し、議員資格を剥奪(はくだつ)される可能性があると警告。香港で反政府派を黙らせるためなら、中国は北京から直接手を伸ばすことも辞さないと郭氏は認識した。

 ロンドン大学キングスカレッジで法律の学位を取得し、弁護士でもある郭氏(42)は「子どもとの1日が台無しになった」と話す。そして新型コロナウイルスの感染拡大で香港で抗議デモができなかった数カ月間に「根本的な何かが変わった」と思った。「共産党が本性を現した」と郭氏は言う。

 習近平政権は5月21日、香港での中国と共産党への激しい批判を犯罪と見なす国家安全法案の承認を22日開幕の全人代で図ると発表した。今回の法案が可決されれば、香港ではあらゆることが共産中国のさじ加減一つで可能となる恐れがある。


*********
「共産党が本性を現した」-コロナ危機のさなかに香港統制強めた中国 

詳しくはここをクリック
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-05-25/QASWU2T0G1KW01

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント