貧富格差が影を落としたニューヨーク!富裕層は早々と逃避!

 疫病から逃れるにも最後はカネだ。

 世界の人種のるつぼが自由の国アメリカ。なかでもとりわけ雑多なのがニューヨークだ。全米一の活気ある街を形作っている。

 そんな世界一の大都市であっという間に新型コロナウイルスが蔓延した。

 富裕層は早々とリゾート地などに逃避。

 取り残されたのは逃れたくてもカネがなくてどこも行けない貧困層。彼らを背後からコロナが襲った。

**********************

 【ニューヨーク共同】米東部ニューヨーク市で、新型コロナウイルスの感染拡大に貧富の格差が影を落としている実態が明らかになってきた。富裕層が3月ごろから市外に避難する一方、逃げ道がない貧困層の感染率は極めて高い。格差社会の縮図と言えそうだ。

 ニューヨーク市では3月1日に感染者が初確認された。ニューヨーク・タイムズ紙によると、同市の郵便局の転送サービス申請数は3月が月平均の2倍以上の5万6千件、4月が前年同月比2倍の8万1千件で、それぞれ60%は市外宛て。転送先は市近郊や南部フロリダ州、西部カリフォルニア州など多岐にわたる。

 スマートフォンの位置情報によると、市民の5%に当たる約42万人が3月1日~5月1日に市を離れた。マンハッタンなどの高級住宅地では住民が40%超減少した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント