NHKの無駄遣い2000億円削減可能!

 自前で経営する民放に比べ自民党などの後押しで「タナぼた」式に、労せずして巨額の収入を手にするNHK。

 ある地方で事件が起きた時の話である。マスコミ各社が東京から応援を繰り出した。ところが現地のタクシーが見つからない。小さな町のタクシー会社の車十数台をNHKがすべて借り上げたた。

 中継車も民放の1台に対し、NHKは3台も4台も動員。関係者も3、4倍に膨れ上がった。なぜこんなゼイタクが可能なのか?豊富な資金のなせる業である。NHKが権力と癒着する要因の一つがここにある。

 NHKの「どんぶり勘定」「無駄遣い」は目に余る。今回、日本新聞協会が苦言を呈したことはいいことだ。

 だが、もっと大事なことは、「どんぶり勘定」を許してきた国民が目を覚ますことである。

 「オカミの言うことだから」とNHKに”納税”するだけでいいのだろうか?

 意義があるなら、オカシイと思うなら、声を挙げよう。意見を言おう。

 私たちには、ネットという有力な手段があることが今回の検察問題で証明された。

 民の声が検察OBらの応援を得て安倍晋三を追い込んだ。やれば出来ることが分かった。

**********************

 日本新聞協会は22日、NHKの在り方を検討する総務省の有識者会議で、経営効率化により受信料収入を年間2000億円近く削減できるとする見解を示した。また、イベントの開催や物販事業で子会社との取引が膨らみ、コストの削減が進んでいないとして「抑制的に事業運営する新たな仕組みが必要だ」と強調した。

 新聞協会は、NHKの受信料収入が平成30年度に7122億円となり、20年度から735億円増えたと指摘。番組制作などにかかる国内放送費も700億円以上膨らんだ。提言では、番組制作費や子会社との取引を切り詰めることで、国民負担を減らせる可能性があるとした。 (以上 産経)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント