思いもよらぬ英断に「まさか。ホントか?」

 2011年05月07日のブログ「半歩前へ」  決断に「まさか。ホントか?」の再録だ。

▼初めての大胆な決断
 首相の菅直人が組閣以来、初めて大胆な決断をした。6日夜、緊急記者会見し、浜岡原発のすべての原子炉を一旦運転停止するよう中部電力に要請したのである。今回の英断を心から歓迎したい。これを機会に、日本のエネルギー政策を根本的に見直すことが必要だ。(敬称略)

 ラジオから流れる声に耳を疑った。「まさか。ホントか?」あの、グズ菅が「浜岡停止」に踏み切ったというのだ。今回の決断はうれしい誤算。決断力に欠ける菅がこれほど素早く、「浜岡」に明快な判断を下すとは予想もしなかった。静岡県御前崎市の海岸に建つ浜岡原発は、東海地震の震源域に5基が林立。しかも地盤が軟弱で、ひとたび直下型の巨大地震に見舞われれば、地盤隆起は免れず、以前から危険性が指摘されてきた。

▼決断の背景に不信感
 菅は30年以内にM8・0程度の東海地震が、発生する可能性は87%と極めて高いと指摘。「国民の安全、安心を考えた結果の判断」と強調した。運転停止に踏み切った背景には、福島原発の事故に伴う電力会社、原子力保安院などへの強い不信感がある。事故発生から60日を迎えようというのに、いまだに事態収束の目途さえつかない有様だ。

 日本列島は地震の活動期に入っており、今度の3・11大震災で東北地方が最大5㍍も東に移動した。それにより列島全体の地震活動が促進されているという。

▼次はわれわれの決断の番
 東海地震は、いつ起きても不思議ではないと言われている。そんな中で、浜岡原発で万が一の事態が発生すれば、福島をはるかに凌ぐ、大災害が予想される。菅の決断は適切で、大英断だと思う。初めて首相らしい勇気ある判断を下してくれた。

 今度はわれわれが決断する番だ。5月6日は立夏。今年も間もなく暑い夏がやって来る。太陽がギラギラ照り付け、気温が40度を超える中で、道路わきに自販機が並ぶ。太陽熱に負けじと頑張って1台冷やすのに、どれだけの電気を消費するのか。

▼みんなで生き方を見直そう
 わが家の近くのスーパーは年中無休の24時間営業。今年初めに聞いてみたところ、来店客はひと晩に10―30人ほどだそうだ。そのために震災前までは一晩中、全店に煌々と明かりを付けていた。

 深夜営業のコンビニ、飲食店が多すぎはしないだろうか。これらがないと、われわれは不便で、暮らしていけないのだろうか。電気を湯水のように浪費していないだろうか。この機会に、みんなで生き方を見直してみよう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント