日本人死刑囚、無期刑囚を全員釈放する!

2016年01月30日のブログ「半歩前へ」だ。再録する。

訴えは人の心を動かし500万人の署名が集まった!
https://kot8asb9070.at.webry.info/202004/article_404.html
のつづき。

▼「この哀しい曲は何か?」
 渡辺はま子に頼まれた加賀尾は署名と一緒に再びフィリピンを訪れた。キリノ大統領と面談がかなった。加賀尾は何も言わずにオルゴールをキリノ大統領に手渡した。聴き終えた後、「この哀しい曲は何か?」と大統領。

 加賀尾は、「収容されている日本人が祖国をしのんで作った歌です」と応えた。大統領はもう一度、オルゴールを聴いた。面談を終え大統領は側近につぶやいた。

 「彼は何も言わず、あのメロディだけを聴かせた・・・。私は心を打たれた。私は誰よりも日本人を憎んでいた。愛する妻と子供3人は日本軍に殺された。だが、あのメロディを聴きながら思った。憎しみからは何も生まれない」―。

 次の日、加賀尾は予想もしない決定を耳にした。「日本人死刑囚、無期刑囚を全員釈放する」。

 昭和28年7月22日、加賀尾ら110人と17体の遺骨を乗せた白山丸が横浜港の大桟橋に着岸した。2万8000人が歓喜で出迎えた。駆けつけた渡辺浜子は、「ああ、モンテンルパの夜は更けて」を泣きながら歌った。

*******************

モンテンルパの 夜は更けて つのる思いに やるせない
遠い故郷 しのびつつ 涙に曇る 月影に 優しい母の 夢を見る

燕はまたも 来たけれど 恋し我が子は いつ帰る
母の心は ひとすじに 南の空へ 飛んでゆく さだめは悲し 呼子鳥

モンテンルパに 朝が来りゃ 昇る心の 太陽を
胸に抱いて 今日もまた 強く生きよう 倒れまい 日本の土を 踏むまでは

*******************
渡辺はま子の歌声はここをクリック
https://www.youtube.com/watch?v=mPsozoEC9bE

薬師丸ひろ子主演の映画はここをクリック
https://www.youtube.com/watch?v=dgDpWBdDcJQ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント