レアメタルの備蓄対策も緊急経済対策? バカにすんな!

 安倍内閣は詐欺師集団なのか? 私たちが何も知らないと思って財務官僚たちは見せかけの経済対策を並べた。

 いまは数字をいじくって国民の目をごまかす時ではない。国家が存続するか否かの瀬戸際だ。新型ウイルスを甘く見てはならない。

 この病はいまだ原因不明にナゾの疫病である。

 1917年から18年にかけて大流行、パンデミックを起こした「スペイン風邪」によって世界で1億人が命を落とした。

 14世紀の「黒死病」では当時の世界人口の半分を失った。恐怖の真実である。

 いま、新型ウイルスはパンデミックを起こし、日本列島にも鋭い牙をむいて襲いかかろうとしている。

 日本の感染者はこの1週間、急カーブを描いて増加。

 ここで、感染爆発を阻止できなければ確実に日本はイタリアになる。官僚どもは数字遊びをしている時ではない。

***********************
西日本新聞が大事な指摘をしている。これだ。

 首相は国内総生産(GDP)の約2割という事業規模にこだわったという。腐心の跡はあちこちにある。

 事業には「レアメタル(希少金属)備蓄対策」など、およそコロナ対策とは関係なさそうなメニューも。

 税金や社会保険料の納付を「猶予する措置」を金額に換算し、26兆円を事業規模に算入する「裏技」も使って数字を積み上げた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント