「呪われた五輪」と麻生太郎!これほどはまる言葉はない!

 麻生太郎が東京五輪を「呪われたオリンピック」と言ったそうだ。まさにピッタリ。

 この五輪は出だしから「ウソ」で始まった。東日本大震災直後の東電福島原発爆発による放射能汚染を、安倍晋三は「完全のコントロールされている」とごまかした。

 その後、メーンスタジアムに絡むゴタゴタ。次いでシンボルマークの盗用問題。果ては五輪誘致に伴うJOC会長のワイロ疑惑・・・。次から次へと問題が飛び出した。

 そしてとどめが新型ウイルス。世界中に広がる感染拡大にさすがのIOC会長バッハも、五輪開催については「WHOの決定に従う」と事実上の中止を臭わせた。

 それでも開催にこだわる安倍晋三は「日本は安全」とニセ情報を発信するために国内でのPCR検査をわざと渋る。やれば実態がさらされるからだ。

 安倍も腹の中では7月開催は無理と分かっている。しかし、それを言った安倍内閣はオシマイ。内閣は崩壊する。

 だから、この間、やれる、やれると「時間稼ぎ」をして、いかに五輪中止を「軟着陸」させるか思案中だ。

 「呪われた五輪」これほどはまる言葉はない。

********************

 共同通信によると、麻生太郎財務相は18日の参院財政金融委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大で東京五輪の延期や中止の懸念が高まっていることに関連し「呪われたオリンピック」と発言した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント