「国家、国民」を口にする自民党に怒りを覚える!

 辛口の「きっこ」がグータラ男・安倍晋三の無責任ぶりを列記した。

2014年2月の山梨豪雪災害→赤坂高級料亭で天ぷら三昧。

2014年8月の広島豪雨災害→緊急連絡を無視してゴルフ続行。

2018年7月の西日本豪雨災害→赤坂自民亭で大宴会。

2019年9月の千葉台風災害→組閣に夢中で完全スルー。

2020年2月の新型コロナ拡大→稲田朋美の誕生会に出席。

 これなら一目でわかる。責任感ゼロ。コイツは何のために首相のイスに座っているのか? 

 こういう光景を見るにつけ、ことあるごとに「国家、国民」を口にする自民党議員どもに怒りを覚える。キサマたちは誰に食わせてもらっているのか?お前たちが懐に入れる高給は私たちが身を粉にして働いた税金ではないか。その重みを忘れたか?

 なぜ、無責任な安倍晋三の好きにさせるのか?なぜ、異論を唱えないのか?公認権をはく奪されたら選挙が戦えない、議員バッジが付けられない、利権の甘い汁が吸えなくなる? それで口にチャックをしているのか?そんな腑抜けなら議員を辞めてしまえ。

 山本太郎を見習え。体を張って安倍の独善と戦えば、有権者は必ず応援しよう。勇気ある本気度の尻押しをしよう。

 安倍晋三に力があると考えたら大間違いだ。

 ヤツが威張っておれるのは「小選挙区制」という選挙システムのおかげでしかない。

 一選挙区1人当選。だからどの政党も1人の候補に全力を注ぐ。

 政権党の自民党の場合、総裁に権限が集中している。党の公認権、巨額の政治資金、閣僚と党役員の人事権、支援団体などなどすべてを握っているのが総裁だ。

 安倍は総裁の椅子に座っているから、大きな顔をしているだけ。

 安倍晋三の能力や資質、人格が優れているからみんなが尊敬して従っているのではない。

 腹では「バカな世襲議員」と軽蔑していても、あの椅子に座っている限りは本音でモノが言えない。

 ではどうするか。みんなで叩き出せばいい。一人での反乱は無理でも、みんなでやれば出来る。

 ただ、今の自民党には本物のリーダーがいない。山本太郎のような男が自民党にいたら、とっくに党内クーデターが起きて安倍は退陣に追い込まれていただろう。

 与党だけでなく,野党も人材不足だ。小沢一郎は歳を取り過ぎた。志位和夫は人物だが、共産党の看板では人がついてこない。結局、山本太郎しかいないと私は見ている。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント